直線上に配置
トップ アイコントップページヘもどる
直線上に配置
Happy people make happy clinic
リハビリテーションの語源は、Re(再び)-Habbit(習慣)からなり、その広義の意味としては身体的・環境的・社会的立場の回復をさします。
医学的側面から、リハビリテーションを行うということは、もちろん身体的に理想的な生活に戻ってもらうことが目標となりますが、病気・怪我ではなく、一人一人の患者様そのものに向かい合うことがリハビリテーションの本質と考えています。
紀元前460年に「医学の父」ヒポクラテスがギリシャに誕生しました。ヒポクラテスは魔術や神から病気を引き離して考え、より理学的に人の体が病気を起こすと考えました。その中でヒポクラテスは「われわれの体には元々、健康に戻そうとする自然の力Physisがあり、医者はそれを助けるのが任務である」と述べています。これは今日におけるリハビリテーションの基本概論であるといえます。
リハビリテーションは病気を治すのではなく、人を治すことを最大の目標とし、我々も医療者として真摯に人と向き合うことに全力を尽くしたいと思います。
リハビリテーションについて
当院のリハビリテーション室は100m2以上の面積を有し、1人以上の理学療法士が常勤し、厚生労働省の定める理学療法施設基準Uの承認を受けています。
リハビリテーションは主に機器による治療をメインとした物理療法と理学療法士の手技的治療による運動療法に大別されます。
対象疾患は肩関節周囲炎・五十肩・変形性膝関節症・椎間板ヘルニアなどをはじめとした整形外科慢性的疾患・ベースボール投球障害・テニス肘などのスポーツ障害疾患・オスグット病などの成長期障害などです。他に脳卒中の後遺症や加齢による体力低下等に対しても、理学療法を施行しています。

主な物理療法機器
リハビリテーション室の紹介